千葉県議会6月定例会が開会。議会の合間に参議院議員選挙の準備をお手伝いしています

安藤じゅん子の活動報告(2019.6.3~2019.6.9)

2019年06月10日  公開

      活動報告

石川大我さんと安藤じゅん子と大崎ゆうすけ議員

6月5日に千葉県議会6月定例会が開会しました。6月28日まで24日間の会期となります。開会に先立ち千葉交響楽団 による議場演奏会が行われました。千葉に所縁ある楽曲のなかで木更津の「証城寺の狸囃子」に議場はほっこりしました。

今議会では児童虐待防止策を盛り込んだ1.88億円補正予算案など13議案を審査予定です。所属常任委員会付託の今年12月に3年に一度の改選を迎える民生委員定数増、看護師の地域定着推進をはかる議案の調査を進めています。

議会準備の合間などで、安藤じゅん子は立憲民主党の参議院議員選挙の準備をお手伝いをしています。千葉選挙区から出馬する現職の長浜ひろゆき参議院議員や、全国比例候補の石川大我前豊島区議会議員の事務所などを訪れ、リーフレットのポスティングなどを行っています。

ご意見・お問い合わせ 

千葉県議会議員安藤じゅん子の活動報告

6月8日
夏の参議院議員選挙に向けて、立憲民主党の石川大我さんのポスター裏貼りや長浜ひろゆき参議院議員のリーフレットをポスティングいたしました。
6月7日
大崎ゆうすけ議員と立憲民主党全国比例候補の石川大我さんの事務所を訪問しました。石川大我さんには、性的マイノリティ施策における具体的提案や先の統一選において力強い支援をいただきました。
その後、みやかわ伸衆議院議員から超党派の県内議員に声かけがあり議員会館にて要望活動を行いました。千葉県が政府の来年度予算編成に求める重点要望63件のひとつ、虐待防止策のうち専門職養成のための財政措置を厚労省、総務省へ要望しました。あらゆるチャネルを活用し、児童虐待ゼロ早期実現のため力を合わせます。
6月6日
関根ジロー松戸市議にアレンジいただき、松戸市障害福祉課に対し障害者差別解消法に基づくご相談について当局とさまざまな課題を共有しました。合わせて関根市議とは県計画備蓄について情報交換をしました。
夜は明治大学にて栗林彬先生の水俣病学の講義を受けました。安藤じゅん子は、今期聴講生として明治大学で学んでおります。
会社主義、正規・非正規、士農工商漁民、分断、対立、区別が差別を作り出した、ナショナリズム、全体主義、国家主義、無職をブラブラと行政が改竄したことに対する緒方正実さんの潮谷義子熊本県知事への手紙、制度による排除、水俣、足尾、福島重なる構図、安保デモが漁民デモを飲み込むことによる排除、チッソ労組恥宣言、娘売り…90分強の講義中、幾度も涙が込み上げてきました。同じ誤ちを繰り返すことのないように知ることは大切だと思います。
6月5日
千葉県議会6月定例会が開会しました。議会で議論される議案調査のほか、千葉県男女共同参画推進懇話会のメンバーのあり方について、総務会長あみなか肇議員と事務局の方とで夏期会派行政視察調整を行いました。
6月3日
地域まわり後、長浜ひろゆき参議院議員の事務所を訪問しました。今回の参院選でも千葉選挙区は象徴区の予感漂います。
日中は県議会控え室にて事務作業、質問書き等を行い、夜は県連会議に出席しました。