【北海道視察】旭川市の移住プラン、「写真の町」東川町、北海道遺産などを視察してまいりました

先週の安藤じゅん子(2018.8.27~2018.9.2)

2018年09月3日  公開

       活動報告

北海道視察

こんにちは、千葉県議会議員安藤じゅん子です。子どもたちの夏休みも終わり、学校が始まりました。新学期を楽しみに学校に通う子たちがいる一方で、「学校に行くくらいなら死んでしまいたい」と思う子どももいます。どうしても行きたくないのであれば、無理して行かなくていいんですよ。夏休み明けが中高生の自殺が一番多いと言われています。ご家族の皆さんはお子さんのサインに、どうか気づいてあげてください。

先週は、27日から28日にかけて北海道へ会派視察に行ってきました。旭川の移住プランの取り組みや、「写真の町」として知られる東川町の取り組み、北海道遺産構想の取り組みなどを視察しました。

翌日からは9月議会に向けた準備を中心に政務活動を行いました。

8月31日
新京成元山駅にて、立憲民主党成島りょうた市政策委員と共に駅頭活動を行いました。成島りょうたさんは「いのちを守る」をスローガンに掲げ、頑張っています。
夕方は連合松戸鎌ヶ谷地区連の納涼会に参加しました。
8月30日
駅頭活動後に県庁へ。県庁にて議案説明、議員総会、議連連絡、レク、勉強会、原稿書き等の政務活動を行いました。
議案説明では、ブロック塀撤去等急ぎ必要な補正予算、取り締まり強化を求めてきた再生土規制条例、本県初の流山市に特化した広告規制条例等22件など、県民生活に関わる議案に会派議員全員から質疑が飛びました。
8月29日
県庁にて開かれた、代表質問勉強会に参加しました。
8月28日
会派視察で札幌市を訪れました。
旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮にて、北海道遺産構想とその取り組みについて、北海道遺産協議会事務局 萩さん、矢野さんにお話を伺いました。
旧永山邸
サッポロビール北海道本社:建物再生の事業スキームについて、井上様よりお話をお伺いしました。
8月27日
会派視察で旭川市、東川町を訪れました。
旭川市役所:移住プランの取り組みを視察しました。一市八町という圏域での人口流入を目指しています。現役世代取り込みを狙い、仕事紹介の強化などに取り組んでいます。
旭川市資料
東川町 せんとぴゅあI・II:1985年に「写真の町」宣言、写真の町条例により多文化共生社会実現を目指し、「写真映りのよい町」の創造と、「世界の人々に開かれたまち」づくりを掲げています。写真を通して国際的な交流を深めるために、公立の日本語学校を設立するなど、町の取り組みを視察しました。