お盆は「医療をささえる市民養成講座」を受講し、修了しました

先週の安藤じゅん子(2018.7.30~2018.8.15)

2018年08月16日  公開

      活動報告

八ッ場ダム工事現場と医療をささえる市民養成講座修了証

夏真っ盛りのさなか、いかがお過ごしでしょうか? 安藤じゅん子は、この夏、精力的に視察を行っています。
民主党政権時代に、一時建設中止となり、マスコミでも大きく取り上げられた八ッ場ダムの工事現場をはじめ、東京都福祉局や埼玉県毛呂山町議会、野菊の里浄水場などを視察してまいりました。

お盆の間は、認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOMLが開催する、「医療をささえる市民養成講座」(全5回)を連日受講しました。

8月11~15日
認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOMLが開催する、「医療をささえる市民養成講座」を受講し修了しました。本講座では、全国各地の医療関係者はもちろん、ノンフィクションライターの方など多種多様な職種の面々が集結しました。
8月10日
松戸市栗山にある野菊の里浄水場工事現場訪問、視察いたしました。
8月9日
2015年に町長選挙と町議会選挙を同日選挙にするため、議会を解散した埼玉県毛呂山町に視察にうかがいました。別々に行われていた町長選挙と町議会議員選挙を同日に実施したことによって、選挙費用は650万円削減されたそうです。松戸市が市長選と市議会選挙を同日選挙とした場合、およそ4000万円の選挙費用が削減できるという試算が出ています。
8月8日
東京都保健福祉局と文京区を訪れ、東京都が実施している受験生チャレンジ支援貸付制度に関する視察を行いました。
8月6日
民主党政権下で一時建設が中止され、その後建設が再開された八ッ場ダムの工事現場を視察しました。2020年3月の完成に向けて急ピッチで作業が進められている様子がうかがえました。
8月2日
浦安市体育館にて開催された平成30年全国少年消防クラブ合同訓練審査大会に出席いたしました。