まつど女性会議総会に出席しました。安藤じゅん子は男女共同参画社会の推進に向けて活動してまいります

先週の安藤じゅん子(2018.4.23~2018.5.6)

2018年05月7日  公開

      活動報告

まつど女性会議総会

こんにちは、千葉県議会議員 安藤じゅん子です。ゴールデン・ウィークは皆さんどのように過ごされましたか? 私は、読む・観る・調べる・食べる・話す…と、人間活動が活発化した連休でした。

先週、先々週は、会議や打ち合わせなどが多い2週間でした。4月29日にはまつど女性会議総会が開催され、男女共同参画社会の推進に向け活発な意見交換が行われました。

住民の方からの声をお聞きし、現場を確認したり調査をして、必要があれば、行政へ実施を要望することが県議会議員の仕事のひとつです。行政の管轄は、国・都道府県・市区町村と分かれているため、市議や国会議員などと連携を図っていくことが重要です。安藤じゅん子は、松戸市の行政への働きかけは関根ジロー松戸市議と連携することが多いです。その関根ジロー市議が立憲民主党へ入党することになりました。

同じ政党所属ということになりますので、これまで以上に連携を深め、より暮らしやすい松戸市にしてまいります。ご要望などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

安藤じゅん子へのご意見・お問い合わせはこちら

5月6日
関根ジロー松戸市議と共に、古ヶ崎地域の道路の安全確保について住民の方々から聞き取りを行い、現場を確認しました。その後、児童養護施設「晴香園」のお食事会に参加させていただきました。
5月3日
憲法記念日のこの日、安藤じゅん子が所属している、立憲民主党の枝野幸男代表より談話が出されました。
【立憲民主党・代表談話】憲法記念日にあたって
5月2日
松戸市の案件について、安藤じゅん子と連携してくださる関根ジロー市議会議員が、この日民進党に離党届を提出し、立憲民主党に入党申請を行いました。おなじ政党の所属となり、これまで以上に連携を密にして、松戸市の皆さんがより安心して暮らせる街づくりのために、安藤じゅん子は県の行政へ、関根市議は市の行政へはたらきかけてまいります。
5月1日
この日はメーデーでした。OECDの調べによると、日本において働いているにも関わらず相対的貧困にいる人の割合は13.3%でおよそ8人に1人であるとのことです。この数字はOECD加盟国の平均8.3%を大きく上回っています。格差社会が広がるなか、安藤じゅん子は千葉県や松戸市のセーフティネットを広げ、弱者に優しい社会づくりに尽力してまいります。
4月29日
第25回まつど女性会議総会に出席しました。
4月25日
千葉県庁にて代表質問のレクなどを行った後、東京へ。国会議員会館にて行われた立憲民主党千葉県連議員会議に参加しました。さらに地元に戻り、生方幸夫県連代表事務所にて選対会議に出席しました。
4月23日
千葉県庁、千葉県教員組合等にて打ち合わせを行いました。