2月議会が閉会。議員年金復活反対の意見書を提出するも、自民・公明の反対で否決されました

先週の安藤じゅん子(2018.3.12~2018.3.18)

2018年03月19日  公開

       活動報告

千葉県議会と桜(イメージ)

桜の花も咲き始め、卒業シーズンが到来ですね。金曜日は、母校でもある母校でもある松戸市立上本郷第二小学校の卒業式に出席しました。希望を胸に新たなステップへと進む子どもたちを応援すると共に、子どもたちが希望を持って輝ける未来を作るために尽力してまいりたいと思いました。

千葉県議会2月定例会が閉会となりました。
現在、自民・公明両党は「地方議員のなりて不足」などを理由に、地方議員が厚生年金に加入できるようにする法案を提出する方向に動いています。ご承知のように厚生年金は、本人と事業者が折半して年金保険料を納めます。現在、専業の地方議員は、自営業者のみなさんと同様に国民年金に加入しています。厚生年金に加入するということは、事業者負担分は皆さんの税金から納められることとなり、かつて廃止となった「議員年金」の事実上の復活となります。

安藤じゅん子は、議員年金復活に反対のスタンスです。議員年金の復活が地方議員のなり手不足を解消にはつながらないと考えます。所属する民進・立憲会派も同様で、本議会において『地方議員年金の「復活」に反対する意見書』をほかの会派とともに提出しました。しかしながら、自民党・公明党の反対により否決されてしまいました。

私、安藤じゅん子は民進・立憲会派として引き続き、議員年金復活反対を訴え続けてまいります。
ぜひ皆様のご意見をお寄せください。

ご意見はこちら 

生方幸夫特別市民フォーラムのお知らせ

立憲民主党所属 生方幸夫衆議院議員開催の特別市民フォーラムが開催されます。私、安藤じゅん子も犬・猫の殺処分ゼロを目指し、取り組んでおります。みなさまお気軽にご参加ください。

  • テーマ:動物愛護
  • 日時:4月13日(金)18時30分より
  • 会場:松戸市民劇場
  • パネラー:杉本彩さん(タレント、動物環境・福祉協会Eva理事長)/山根義久氏(前獣医師会長)/則久雅司氏(環境省動物愛護管理室長)
3月18日
立憲民主党千葉6区幹事会に出席しました。
3月16日
母校でもある松戸市立上本郷第二小学校の卒業式に出席しました。土砂災害警戒区域内立地体育館建て替えに伴い、卒業式は松戸市立第六中学校にて執り行われました(こちらも安藤じゅん子の母校になります)。月末に離任される内藤敏也県教育長から、国に戻った際に、教育施設の安全対策を講じていくことについて言及がありました。これまで安藤じゅん子が取り組んできたことが報われた思いがしました。
私、安藤じゅん子が司会を務めさせていただく集会の打ち合わせを行いました。
3月15日
千葉県議会2月定例会の最終日でした。安藤じゅん子が所属する、民進・立憲会派は、議員年金復活について反対の立場を取っています。木更津市選出の高橋浩議員が会派を代表して登壇し、議員年金復活の反対を訴えました。
3月14日
スポーツ庁が今月末までに中学部活動の週2日以上の休養日設置などを盛り込むガイドラインを都道府県教委などへの通知することが報道されました。3月9日の文教常任委員会で私、安藤じゅん子が質問したテーマに関連することです。引き続き現場の方々と連携し、子どもの学びや体験の機会を保障し、教員の多忙化解消に向け尽力してまいります。