千葉県立聾学校と盲学校を視察し、さまざまな取り組みを見てまいりました

先週の安藤じゅん子(2018.3.5~2018.3.11)

2018年03月13日  公開

        活動報告

動物愛護についての市民フォーラムを開催

3.11から7年が経過しました。議員になって半年目に発災した東日本大震災は地震、津波、原発事故と未曾有の複合災害となりました。女性・母の視点を防災に!この思いで防災行政に対し向き合ってきました。被災地には今後も継続的に足を運び、この目で見て感じながら、教訓を生かし寄り添う支援を続けていきたいと考えます。

先週の千葉県議会は予算委員会と各常任委員会が開催されました。私、安藤じゅん子は所属する文教常任委員会に出席しました。

また、千葉県立聾学校と盲学校を視察し、さまざまな取り組みを見てまいりました。
「目の見えない人にとって、点字ブロックが道路なんです。黄色い線ではなく黄色い点字ブロックなんです」とは盲学校大野校長の言葉。帰り際、四街道駅から帰ると音、言葉の違いに大きな違いに気づきました。

生方幸夫特別市民フォーラムのお知らせ

立憲民主党所属 生方幸夫衆議院議員開催の特別市民フォーラムが開催されます。私、安藤じゅん子も犬・猫の殺処分ゼロを目指し、取り組んでおります。みなさまお気軽にご参加ください。

  • テーマ:動物愛護
  • 日時:4月13日(金)18時30分より
  • 会場:松戸市民劇場
  • パネラー:杉本彩さん(タレント、動物環境・福祉協会Eva理事長)/山根義久氏(前獣医師会長)/則久雅司氏(環境省動物愛護管理室長)
3月9日
文教常任委員会に出席しました。
3月8日
県庁控え室にて明日の文教常任委員会の質問調整を行った後、関根ジロー松戸市議とともに選挙や議会改革等の調査研究で知られる埼玉大学松本正生教授と意見交換を行いました。
3月6日
大崎雄介議員と鈴木陽介議員とともに、千葉県立聾学校、千葉県立盲学校を視察しました。さまざまな取り組みをご説明いただきました。児童生徒、先生はじめ学校全体を応援していきたく思います。
千葉県立千葉聾学校
千葉県立千葉盲学校