防災分科会を視察。自治体も各家庭も防災の知識と備えが必要です。

先週の安藤じゅん子(2016.5.16~5.22)

2016年05月23日  公開

         活動報告


先週は松戸市の産後ケア事業や連合議員団防災分科会、松戸の市民活動などを視察しました。特に、この週は関東でも地震があり、防災分科会には注目していました。佐倉市や船橋市の取り組みも松戸市やほかの地域にも活かしていけたらと思いました。
防災に関しては、各家庭でも水や食料、衛生用品、薬等の備蓄を確保し、家族間での連絡方法などを確認するなど、平時から備えるようにしてください。

5月21日
上本郷第二小学校の運動会を参観しました。伝統のソーラン節をはじめ、さまざまな競技で子どもたちが頑張る姿を目にして、元気を分けてもらいました。
5月20日
連合議員団防災分科会を視察しました。佐倉市の地域支援型減災施策、船橋市の防災学習の取り組みを見てまいりました。
5月19日
関根ジロー松戸市議と一緒に、八柱市民センターにていきいきクラブ(囲碁クラブ)の立会い調査を行いました。同クラブは市内でも高い利用率を誇っています。元気に活動している市民が多いと、街も活気づきます。これからも応援していきたいと思います。
5月18日
柏市議会議員岡田ちかさんと一緒に松戸市の産後ケア事業を視察するため、産院を訪問しました。本事業は2015年度末に補正予算でスタートし、2016年度は拡充となりました。医療機関が連携し、必要なサービスを必要な方へとつなぐ素晴らしい取り組みです。アレンジいただいた関根ジロー松戸市義にも感謝です。
5月17日
県庁にてヒアリング等の政務活動を行いました。その後、連合千葉の「女性のための労働相談ダイヤル」のアピール活動に参加しました。
5月16日
松戸市安全都市協議会総会に出席しました。交通・生活・産業部門ごとの表彰に続き、平成28年度総会。昭和34年3月の安全都市宣言から多くの幅広い世代の市民に長きに渡り支えられ、今日の松戸市の安心・安全が確立されています。そのことに感謝しつつ、私、安藤じゅん子も松戸の安全に尽力したいと思いました。