熊本県防災センターや福岡県の病院機構等を会派視察しました。

先週の安藤じゅん子(2017.8.28~2017.9.3)

2017年09月4日  公開

       活動報告


9月1日防災の日、民進党は新体制のスタートとなりました。
子育て世代としては、「いじめSOSの日」であり、地域防災を考える者としては「関東大震災から94年目」であり、節目の1日でした。

先週は8月28日から30日まで、熊本県と福岡県の施設等を会派視察しました。
熊本県庁では「競争力ある農産物の生産体制確立、声かけ安心実現事業、応急仮設住宅整備、病院独法化、議会改革、産業振興、災害支援等」についてと熊本県防災センターを視察、福岡県では福岡市立病院機構にて「独立行政法人化した経緯、概要、利用者満足度、順調な経営状況」等の視察を行いました。

9月3日
鎌ヶ谷みどり幼稚園にて開催されたバーベキュー&カラオケ大会に参加しました。県内経営者の方々とはご無沙汰でしたのに、あたたかく輪に加えていただきました。
9月1日
九州視察のまとめ、地域回り、質問調査などの活動を行いました。
8月31日
県庁で9月議会の質問項目の整理をしました。また、連合松戸鎌ヶ谷納涼会に参加しました。飲み食べ歌い踊り語り、意見や情報を交換させていただきました。
8月30日
福岡県庁にて「収支報告書のネット公開について」、「IoT Internet of Things 関連産業振興事業について」、「協働推進・マッチング支援事業について」について視察。視察を終えて帰松後、まだ残っているという息子の夏休みの宿題を伴走しました。
8月29日
会派視察2日目、熊本県防災センターを視察後、福岡へ移動。福岡市立病院機構を視察しました。
病院機構では、独立行政法人化した経緯、概要、利用者満足度、順調な経営状況を確認しました。座学後、福岡市立こども病院内を視察、当初コンセプトをさらにブラッシュアップする取り組みに深い学びをいただきました。
8月28日
熊本県庁を会派視察しました。「競争力ある農産物の生産体制確立」、「声かけ安心実現事業」、「応急仮設住宅整備」、「病院独法化」、「議会改革」、「産業振興」、「災害支援」等について、少子高齢化社会が進展する中、県として、産業振興や災害対策は取り組み結果を出さなければならないのは全国共通です。